AZ 狭所用オイラー & 日本製紙クレシア ワイプオール (自転車メンテ用品)

画像


自転車のチェーンのメンテナンス。

チェーンルブの塗布用に「オイラー」と呼ばれる注油用の針の付いた容器を買った。
これが大正解。一コマ一コマ、細かくオイルが注せる。チェーンルブの容器で大粒のオイルをポタポタと振り掛けるより、無駄がない。余分なオイルは拭き取りはするのだけど、それでも取り切れないオイルが汚れを呼ぶので、最初から適量をチェーンの可動部を狙って注せるのがベターだろう。
また、オイラー自体が小さいので、取り回しも大変良好。

一緒に、チェーンの乾拭き用の不織布ウェスも買った。製品名が「ワイプオール」。キムワイプで有名な日本製紙クレシア製。厚手で一枚で充分。スプロケットもガシガシ拭きあげられる。台所用のペーパータオルとは作業性が雲泥の差だった。

こういう、ちょっとした用品を揃えると、いつもの作業が捗り、大変気分が良い。
あ、作業中はディスポーザブルのニトリル手袋をした方が良いかも。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック